赤ちゃん 免疫力

母乳〜免疫力を上げる最高の食べ物

母乳は大事私たちにとって強い味方となる免疫細胞たちも、じつは生きるために毎日栄養を補給している。

だからこそ、良いものを食べよい環境で過ごしで免疫力を高めることが大切なのです!

 

スポンサードリンク

免疫細胞たちも栄養を補給しています。
医学や研究が進むにつれ色々な発見があるものです。
免疫学の研究も力を入れている状況で食事と免疫力の関係がずいぷん明らかになってきたようです。
しかし、それ以前から子供が風邪をひいたら、母親が温かいミルクや卵を与えていました。
それはすなわち、栄養価の高い食事は体の抵抗力が高められる事を知っていたからにほかなりません。

 

私たちの体は、およそ60兆個の細胞でできていて、それらに栄養を与え続けていかなければ生きていけません。
先にも説明したとおり、免疫力に関与するマクロファージやナチュラルキラー細胞といった免疫細胞も、栄養を補給してこそ活動していけるのです。
だからこそ、免疫細胞に必要な栄養を日々の食事からとることが大切なのです。

 

でも、母乳が思うように出ないというママも多いかと思います。
そんな時は以下のページも参考にしてみてください。

 

コチラ母乳が出ないママ達に人気

 

免疫力を上げる最高の食べ物は?

免疫力といえば、母親が赤ちゃんに飲ませる母乳
哺乳類にとって最高の食ぺ物」といわれています。

あかちゃんは無菌状態で母体から生まれてきます。
母体から出た瞬間に初めて病原菌と接触することになります。
ただし、乳児には大人のような免疫系がまだありません。
抗体は病原菌と戦う事で作ることができるからです。

 

生まれたばかりの赤ちゃんは簡単に病気に負けてしまうわけです。
そこで、母乳の登場となります。
母乳には母親の体で作られた、免疫の宝物「抗体」が入っていて、赤ちやんはこれを使い病原菌から体を守っているのです。
それだけではありません。
母乳にはたくさんの栄養素が入っています。

 

しかし、出産の直前のつわりや産後の疲労などにより多くの母親は実は栄養不足状態です。
この時期は、出来る限り栄養のあるものを摂取するように心がけてください。
出産前は栄養を2倍欲するかの如く食事をして太ってしまい、その結果、産後ダイエットを試みる人も多いかもしれません。

 

ですが、母乳を与える時期の無理なダイエットは自分の体調よりも子供の栄養不足と言う面でとても心配になります。

 

 

しっかりとした栄養素の高い食事ができないのであれば、サプリメントでの接種なども考えてみてください。

 

 

母乳は最高の食べ物と言われていますが、
それは食事と栄養をしっかりと摂れている状態でと言う原則があります。

 

サプリや栄養剤での補給は母乳に影響があると思われるかもしれませんが、
万田酵素はその点は安心できるサプリメントになります。

 

今なら、無料でお試しすることもできます。
大事な赤ちゃんを守る為、
健康的な赤ちゃんを作る為、
その為に母親ができることは栄養をしっかりと取ることです。

免疫力をUPする食事のポイント

免疫力を高めたり低下させる仕組みを理解したら、次は食事で免疫力を高めていきたいですね。
日常生活で摂取してほしい食事のポイントが以下となります。

 

免疫細胞たちを刺激し感染症から体を守る

体の抵抗力を強める4つのビタミンであるビタミンA・C・D・Eを積極的に摂取しましょう。
免疫細胞たちを活性化させる食品がわかってきました。そこで免疫力の働きを高め、感染症に対する抵抗性を強くしてくれる食品を紹介していきましょう。
第一にビタミンです。なかでもマクロフアージなどの免疫細胞を活性化させるビタミンA。
疲労回復に不可欠なビタミンC。
免疫系のT細胞を活性化し、活性酸素をおさえる働きを持つビタミンE。
さらに最近では、ビタミンDも免疫力を高める成分であることがわかってきました。積極的に摂取してほしいビタミン群です。

ビタミンを含んだ主な食材
ビタミンA レバー(豚)、うなぎ、牛乳、ヨーグルト、緑黄色野菜(にんじんやほうれん草など)
ビタミンC レモン、オレンジ、キウイ、じゃがいも、いちご、赤ピーマン、ブロッコリー
ビタミンD うなぎ、かつお、ぷり、干ししいたけ、きくらげ
ビタミンE アボカド、かぽちゃ、うなぎ、たらこ、ほうれん草、アーモンド、ピーナッツ

 

亜鉛とセレンをとる

体を傷つける活性酸素をおさえてくれる成分を積極的に摂取しよう!
活性酸素の増加を防ぐミネラルたち。
ビタミンと同様、免疫力を高める成分に、亜鉛とセレンがあります。
一般にミネラルと呼ばれるもので、亜鉛であればかきや豚レバー、セレンであれば大豆やいわしなどに多く含まれています。
亜鉛とセレンが免疫カアップに貢献する理由は、活性酸素をおさえる働き(抗酸化作用)があるということが大きいです。
人間の体は、必要以上に活性酸素が増加してしまうと、細胞を老化させたり、免疫力を低下させるといわれています。
そこで、亜鉛とセレンを含んだ食事を積極的にとり、活性酸素の増加を防ぐことができれぱ、免疫力も自然と高まるということです。

亜田とセレンを含んだ主な食材
亜鉛 かき(牡蠣)、レバー(豚)、いわし、牛肉、大豆
セレン 精白米、大豆、いわし、アーモンド、たまご、米味噌

 

乳酸菌をとる

目内の善玉菌を活性化し、免疫力をアップする乳酸菌。
免疫システムのなかでも、最強の部隊を備えている腸管免疫を司る細胞を刺激し、活性化してくれるのが乳酸菌です。
乳酸菌をとることで、病原菌を撃退するマクロフアージ、あるいはガン細胞を退治してくれるナチュラルキラー細胞の働きを高め、
さまざまな病気から私たちを守ってくれるのです。
その乳醗菌を誰でも手軽にとることができるのがヨーグルト。
それ以外にもチーズや日本伝統の漬物、韓国生まれのキムチも乳酸菌の働きで作られた発酵食品です。

乳酸菌を含んだ主な食材
食材 ヨーグルト、チーズ、漬物、キムチ、味噌、しょうゆ

 

たんぱく質をとる

免疫細胞たちを作り、勘かす原動力となるタンパク質。
たんばく賛か不足すると免疫力も低下するのです。
私たちの体を形作る主成分であり、生命のもとでもあるたんばく質。例一九ばたんば・質が不足すると、皮膚の細胞がもつ防御作用が低下し、店膚からの感染も増一ぇてくるのです。
同じように、たんばく質什免疫細胞の主成分でもあり日々の食事でたんばく質が末足すると、免疫細胞たちも一養不足に陥ってしまい、活動も鈍ってくるのです。
たんばく質は豚や鶏などの肉類や、あじやいわしなど魚類のほか、卵や牛乳、大豆むどに含まれており、積極的冖とるよ一?心がけてください。

たんぱく質を含んだ主な食材
食材 肉類(豚、鶏、牛)、魚類(あじやいわしなど)、牛乳、卵、ヨーグルト、チーズ、大豆(納豆、豆腐)

 

坑酸化物質をとる

細胞を傷つけ、老化の原因ともなる活性酸素をおさえる働きを持つ抗酸化物質。
ポリフェノールを含んた食べ物をとると良いでしょう。
ポイント2の「亜鉛とセレン」のところで説明したように、体の中の活性酸素の濃度が高くなりすぎると、細胞を老化させたり、免疫系の働きも大きなダメージを受けてしまい感染症への抵抗力が下ってしまいます。
したがって、活性酸素の増加をおさえる働きをもつ成分を含む食ぺ物を積極的とることもポイントになってきます。
代表的なものとしては、ポリフェノールという抗酸化物質を含んだ大豆(納豆、豆腐など)やお茶(煎茶やほうド至などがあげられます。

ポリフェノール(抗酸化物質)を含んだ主な食材
食材 納豆、豆腐、味噌、豆乳、しょうが、お茶(煎茶、ほうじ茶など)

 

オリゴ糖が腸内の善玉菌を増やします。

「オリゴ糖」という栄養素が、免疫力アップに関係する腸内の有益な細菌だけを活性化させ、増やしてくれるということがわかってきている。前にも触れた、赤ちゃんが飲む母乳の中にも含まれているのだ。
そのオリゴ糖は、ごぽうやたまねぎといった野菜のほか、バナナやはちみつ、豆腐などにも含まれています。

 

 

 

 

出産後や授乳中は免疫力が下がりやすい?

出産をしてから風邪を引くことが多く、結構長引くことが多くなっていませんか?
もちろんそんな時は母乳もつまり、踏んだり蹴ったり・・・。

 

そんな事ありませんか?

 

育児の疲れやストレスと授乳によって体力を消耗していると言う事だと思います。
体調崩しやすくなったりしていませんか。

 

ママが体調を崩すことで小さな赤ちゃんにも悪影響だし、
家事や育児もままならなくなります。

 

 

家庭ってママが倒れたら大変なんですよね。
だからこそ、しっかりと体調管理に気を付けなければいけませんね。

免疫力を上げるサプリメント

授乳中に免疫力を高めるには栄養のある食事をとる必要があります。

 

ただ、産後は自分の時間よりも赤ちゃんに時間を割くのが当たり前で、中々時間が作れないと思いますし、
せっかく時間を作れたのであれば有意義な時間にしたいと思いますよね?

 

そういうママにはサプリメントなどで栄養をしっかりと補給する事が良いのではないでしょうか?

 

目的別に選ぶオススメ酵素

スポンサードリンク

スポンサードリンク