癌 酵素

癌細胞を打ちのめす?癌と酵素の関係

がん細胞は、正常な細胞分裂を阻む遺伝的因子が関係して形成されているとされています。

突発的にできた異常な細胞は他の健康な細胞から栄養を奪います。
全ての人間には、この瞬間に10万から30万の癌になり得る細胞が体内に存在すると言われています。
それでも、がんを発症するわけではありませんし、癌にはならない可能性もあります。
ただし、がん細胞のような異常な細胞が無いとは言い切れないのです。

 

スポンサードリンク

消化や吸収の不調により栄養状態が劣悪だった場合、慢性的疲労感や低血糖などの症状があらわれ体調不良だなと感じることがあります。

消化不良の食べ物の残りカスは小腸・大腸を塞ぎ、それによって便秘を引き起こします。また、深刻な健康問題が同時多発的に体のどこかで起こってきます。
腸内で発酵、腐敗、酸化が起こるのです。糖類やでんぷんなどの消化しきれなかった炭水化物は発酵します。
消化されずに残ったたんぱく質は腐敗し、脂肪は酸化します。
するとどういう現象が起こるかと言うと、腐敗・発酵した残りカスがあると「悪性」の細菌活動が促進されます。

 

健全な細胞は酸素のある環境で分裂と再生を繰り返しますが、がん細胞は酸素のない環境下でも再生を繰り返します。

がん細胞の様な「悪性」の細胞などは、腐敗や発酵が起こっている劣悪な環境でも力強く活動を繰り返します。
酵素が不足することによって起こる消化不良がそのような環境をつくり出してしまうのです。

 

体内でこのような活動状況が始まると、人間の体は良くできているものでSOS信号を出し始めます。

正常な状態であれば、その信号を察知した酵素が反応し、がんになる前の状態の細胞を破壊し害の内容な状態へと導きます。
ガンになる前の状態の細胞は絶えず再生・分裂を繰り返していますが、健康的な状態で体内バランスが維持されれば、
酵素はこれらの細胞を破壊することができ、人間の腸は癌には侵されにくい状態を維持できることは言うまでもありません。

 

それでも、バランスの良い食事が摂取できていない事や、薬などによる免疫力の低下、

タバコの喫煙やストレスなどにより負荷がかかり体内バランスが崩れると、有害な反応が起きます。
人間の体は非常によくできているのですが、やなりバランスが悪いと、いとも簡単に傷つき壊れてしまいます。
がんになり得る特異細胞と体の防御機能のバランスが崩壊し、徐々に癌細胞に体が蝕まれていくのです。
癌細胞は普通の細胞の10倍以上の大きさになり、血液に乗って全身を巡り、定着するところを探します。
癌細胞が付着することでさらに大きさが増していき、細胞は急激に成長し、腫瘍となって胃がんや大腸がんなどの悪性の腫瘍となってしまします。

 

がん細胞は強固で、しかも賢いのです。

抗原という、変装の術を持っているのです。抗原とは免疫細胞上の抗原レセプターに結合し、免疫反応を引き起こさせる物質の総称などで、
体はそれに対抗して抗体をつくります。この抗原が抗体の処理能力を超えてしまうと、終わりのない増殖を繰り返し手の施しようがない状態となります。

 

がん細胞は臓器の細胞を模倣し、付着します。しかし、酵素は本物の吸盤と偽物を区別することができ、接着分子を切り離して偽物を無力化すると述ぺられています。

酵素について知られていることを当サイトでも全てをお伝えすることができませんが、それでも酵素がとても期待できる治療方法である言われています。
病気の免疫病理学についてもっと知識が広がれば酵素の利用が今以上に広まるのではと感じています。

 

がん患者への朗報

がん細胞は普通の細胞より酵素に弱いのです。
酵素はがん細胞を弱体化して、がん細胞を攻撃できるようにします。
酵素の働きによりがん細胞が健康な臓器や組織に取り付くことを阻止できます。

体内のバランスを取り戻すことで、体の治癒力を高めることができます。

しかし、酵素カを信じていないのであれば、無理に酵素にこだわらないでください。
専門医の指導を優先することが最善の事であればそれが一番の近道かもしれません。
私たちは自分で情報を集め、その知識と自分の信念に基づき選択をしなければいけません。

 

酵素だけが健康への答えではありません。

それでも、私たち全員が体を再生し、治癒するには、効率的な消化によって栄養を摂取し、体を強化することが大切なことに変わりはありません。
新しい細胞をつくり続けるために、食べたものは全て消化、吸収、利用されなけれぽならないのです。

 

 

dyrk2 酵素〜がん細胞を自滅に導く酵素

がん細胞を自滅に導く酵素を、吉田清嗣・東京医科歯科大助教授(分子腫瘍学)らの研究チームが発見し、9日付の米科学誌「モレキュラーセル」に発表。
酵素の働きを高められれば、抗がん剤の投与量を減らして副作用を軽減する効果が期待できるという。

 

以下、引用元記事となります。
がんの進行を制御する仕組みを解明

 

 

癌細胞と戦うために自己治癒力を高める効果なども確認できているようです。

 

酵素は体外からの摂取が不可能ですが、

 

 

体内でしっかりと酵素を作るためには効果的な栄養素の摂取が必要です。

 

 

酵素の力で体内で酵素を製造し、自己治癒力をUP。

 

 

 

コチラ世界で認められた抗がん漢方の無料サンプル

目的別に選ぶオススメ酵素

スポンサードリンク

スポンサードリンク