発酵食品

発酵食品の効果

発酵食品を摂取することで体を守る免疫力を上げることができます。
また、腸内環境を整えることで食べたものの消化や吸収がよくなり、便秘の改善やコレステロール値の低下などの効果もあります。

 

昔の日本食を思い出してください。

 

一汁三菜でした。
味噌汁も発酵食品の一部です。
野菜は違いますが、漬物は発酵食品です。
また、納豆もそうですよね。

 

古き良き時代の食事は本当に栄養の宝庫だったのです。
だから、長寿の国「日本」が生まれたんでしょうね。

 

発酵食品を多く摂ることで、体の免疫力をUPさせることができます。
現代の食生活の多くは欧米化の影響で発酵食品をほとんど摂ることが少なくなりました。

 

 

ぜひ、ここにあげた発酵食品を摂取して免疫力を上げ、健康な体つくりを目指してください。

微生物の働きがなければ、発酵食品は生まれてこなかった

発酵と腐敗は紙一重
目には見えませんが、私たちはさまざまな微生物に囲まれて生活をしています。
その種類は膨大で、有害な微生物もいれば有用な微生物もおり、有害な微生物は食品を腐らせると言った結果をもたらします。
もう一方で、食品を美味しく、そして価値あるものとしてくれる有用な微生物もたくさんいることも事実なんです。

 

微生物も私たち人間と同じように生きていくためやや子孫を増やすために栄養分が必要となってきます。
そこで微生物は食品に付着することで食品の成分を分解し、それを栄養分としてとり込み、新しい産物を作り出します。
この過程で食品には独特の旨味や風味、香りが生まれるのです。
こうした微生物の代謝の結果作り出されたのが発酵食品ということになります。

 

スポンサードリンク

 

微生物の働きなしには作ることができない食品の代表選手は、味噌、しょうゆ、納豆日本酒、ヨーグルトやチーズなど。
これらを作り出す微生物の代表的なものとしては、乳酸菌や酵母菌、麹菌、納豆菌などがあげられます。

 

おもしろいのは、腐敗も微生物の代謝によって引き起こされるということ。
つまり発酵と腐敗は紙一重といえるのです。
人は長い歴史のなかで、実際に食べたりして微生物が変えてしまった食品を食べられるものと、
食べられない危険なものとに体験的に分別してきたのです。
つまり、発酵食品は、先人の冒険心の結果、生まれた食品といえるのではないでしょうか。

 

日本酒のお話

酵母のえさとなるのはぶどう糖。
酵母がぷどう糖を食ぺるとアルコールと二酸化炭棄が生成される。
このア本酒をはじめとしたアルコール飲料だ。さらに、酵母は副産物として旨だ。
さらに、酵母は副産物として旨味・香気成分も生成する。香り高く、旨い酒は酵母のカによって醸し出される。
つまや旨味は酵母なや旨味は酵母なしには造り出せないのだ。

 

発酵食品っていつ頃生まれたの?

ルーツは古墳時代に遡る日本伝統のの食文化

 

顕微鏡もなく、専門の研究家もいない時代から、微生物たちを巧みに利用した食品が作られてきた。
発酵食品の安全性は先人たちにより実証済みである。

 

農林水産省が日本食を世界無形遺産に申請する際に提出した提案書のなかで、
日本の食文化の特徴のひとつとしてあげたのが、「だしの旨昧やさまざまな発酵食品の活用」と言う事のようです。
ここからもわかるように、日本人と発酵食品との関わりは深く、長い歴史があり、日本食にとって欠かせない存在なのです。

 

発酵食品と日本人の歴史は非常に古く、一説によれぱ縄文時代後期には、すでに塩漬けした魚介類を発酵して作られる
魚醤(ぎょしょう)と呼ばれる調昧料の一種が存在していたともいわれています。
さらに弥生時代の人々は、植物や動物の肉を塩漬けによつて保存していたらしいとのことも言われています。

 

その後、仏教の伝来とともに中国や朝鮮から大豆を発酵させた食品なども伝わり、
発酵食品は急速な発展を遂げることとなります。
平安時代にはしょうゆ、酢、酒、味噌といった現在使われている発酵調味料のほとんどがそろっていたことが文献などからもわかっています。

 

このように、発酵食品のもつ歴史の長さこそが発酵食品の安全性の高さや、栄養価の高さを証明してくれているといってもいいのではないでしょうか。
いいかえれば、多くの先人たちが発酵食品を実際に食べて、それらの安全性を確認してくれているということです。

 

ただし、近年では食文化の欧米化に伴い今までの和食を食すという文化が消え去りつつあります。
歴史や文化の発展により古き良きものが消えていくさまは残念でなりません。

 

少しでも今までの日本食を食べて行けるような環境作りに進んでいければと思っております。

 

発酵食品の王様 ヨーグルト

発酵食品の優等生と言われているヨーグルトの実力は?

 

ヨーグルトは、体を形成するために必須の栄養素であるタンパク質、脂質、糖質の3大栄養素と言われるものと、
多くの栄養素をバランスよく含んだ、完全栄養食ともいえる食品。

 

スポンサードリンク

毎日欠かさずにヨーグルトを食べることでさまざまな健康効果が期待できます。
さらに特徴的なのは、「乳酸菌」。
乳酸菌はヨーグルトの材料である牛乳を発酵させるための菌で、ヨーグルトを作る上では欠かせない菌です。
近年、この乳酸菌がもつ免疫カをアップさせるチカラに注目が集まっている。

 

毎日、ヨーグルトを継続的に食べることで乳酸菌のチカラは活きてきます。
朝・昼・晩と、どのタイミングで食べてもOKなので、できるかぎり毎日、継続的にヨーグルトを食べるという習慣をつけて、免疫力の高い体づくりを目指してみてください。

 

ヨーグルトにたっぷり含まれる注目成分

 

たんぱく質

筋肉や骨、内臓皮膚、毛髪にいたるまで、体の組繊の材料となるのがタンパク質です。
タンパク質が不足すると、筋肉量が減ったり、毛髪の量が減ったり、疲れやすく、疲れがなかなかとれないといった弊害が起きる。

 

カルシウム

カルシウムはミネラルに分類され、の健康に関わる成分。
体内のカルシウム量が不足すると、骨内のカルシウムが溶け出して骨密度が低下し、骨粗しょう症などの原因にもなる。カルシウムは過不足なく摂取しよう。

 

乳酸菌

腸は人体最大の免疫器官。免疫力を高めるには、この腸内環境を整えることが必要。
そこで大活躍るのが乳酸菌となるのです。乳酸菌は腸内の善玉菌を増やして腸内環境を整え、腸の持つ免疫機能を高めてくれます。さらに、便秘や下痢の改善効果も。

 

R-1乳酸菌に注目!!
免疫力をつけてインフルエンザに負けない体を。
インフルエンザの感染率を下げるチカラをもつとして注目されているのが、「1073R-1乳酸菌」。

 

この1073R-1乳酸菌は、ヨーグルトを作るために使用されるブルガリア菌のひとつ。
免疫機能を活性化させる多糖体(EPS)を他の乳酸菌よりも多く作り出すことが特徴。
R-1乳酸菌を継続的に摂取することで、インフルエンザの菌や
それ以外の菌が体内に侵入してきても感染を防ぐことができる。

 

さまざまな実験の結果などから、1073R-1乳酸菌は免疫システムの中でも特に高い攻撃力をもち、
外部から侵入した細菌を退治するNK細胞(ナチュラルキラー細胞)を増強する働きがあることも確認されているようです。
1073R-1乳酸菌を使用したヨーグルトを毎日食ぺることで体内のEPS量が増え、インフルエンザをはじめとした感染症に負けない体になれる可能性大ということです。

目的別に選ぶオススメ酵素

スポンサードリンク

スポンサードリンク