血液 サラサラ

酵素は血液をサラサラにする効果があります。

サラサラの血液とドロドロの血液血液を浄化・解毒する働きがあるのが酵素です。

酵素を摂取することで、解毒と栄養強化が同時に行えるのです。

 

 

酵素を摂取することによる浄化は解毒にまつわる不快感を抑えながら、心身ともに元気にさせます。
酵素をしっかりと意識した食事や酵素サプリメントなどを摂ることは体の清浄化と栄養の供給に素晴らしい方法なのです。

 

 

健康でイキイキとしたにサラサラの血液の供給のためには、消化能力と免疫力が必要になってきます。
このニつが上手に機能しないと、血液が薄まりドロドロに汚れてしまうのです。

 

スポンサードリンク

 

病原菌やウイルス等は腐敗物(毒素)だけを栄養として成長します。
キレイで毒素のない血液、組織、臓器は病原菌自体が非常に弱いものとなっています。
だから血中の汚染物質を少なくすることで、自動的に病原菌やウイルスの数を減らすことになるのです。
この目的を達成するためにはニつの方法があります。

 

 

それは自分の体の治癒力に頼ることと、そしてその治癒力を助けるために何をするかなんです。

 

 

体内にある臓器は個々に独自のやり方で
私たちの血液から老廃物を排出するため、休みなく働いています。
しかし、多くの人の体内には酵素が不足しているがために
臓器に強い負担がかかり、効率が落ちてしまうのです。

 

 

また、年齢を重ねると、
自分のカだけでは血液やリンパ系の浄化を効果的に行うことができなくなります。
どんな人も持っている病原菌を攻撃する白血球があります。

 

白血球が病原菌を攻撃する過程で病原体と共に白血球自身も死滅します。
リンパ系はその両方を廃棄物としてリンパ腺へ運び、そこで分解が行われて、
体に害のないものとして吸収します。

 

マクロビオティックなどの菜食法、絶食、ハーブを利用した方法など、
ありとあらゆる食事法が試みられてきました。
全てにかけて不足している要素が、酵素サプリメントです。
継続的に摂取することで、
未消化のたんぱく質、細胞のゴミ、そしてその他の毒素を分解し、血液を浄化します。

 

血液の健康を取り戻すことで体も回復し、酵素を製造し、貯蔵量を補充することができるようになります。
最終的には体調を最高の状態に保ち、バランスの取れた健康な体を手に入れることができるのです。

 

結果的には、酵素を摂取することで血液をサラサラにすることができるんです。

血液ドロドロの原因はコレステロール?

善玉コレステロールと悪玉コレステロール長い間にわたり高脂肪の食事を続けていると

コレステロール値が上がり、
心臓発作のリスクが高くなることは、
何十年も前から知られていました。

 

 

しかし、喫煙者であるか
先天的な疾患のある人でなければ、
そのコレステロール値は
しっかりと下げることができます。

 

 

コレステロール値を下げることで、
血中の高比重リポたんぱく(HDL)というものも
減少することが発見されました。

 

HDLには非常に重要な役割がありますので、
その減少はあまり良いことではありません。
HDLは肝臓以外の組織から
肝臓へとコレステロールを運び体外へと排出させることができるのです。
HDLは、余分なコレステロールを肝臓に運ぶので、動脈硬化の防止になるため「善玉コレステロール」とも呼ばれています。

 

 

見過ごされがちですが、体は自分で脂肪をつくるのです。
健康維持のためにはある程度の脂肪が必要なのですが、
健康を害するほどに脂肪を溜め込んでしまうことにどうしてもなりがちです。
体に良い食物を知ることで、悪い脂肪の過剰生産を防ぐことができます。

コレステロールは心臓病の原因になる?

コレステロールが心臓病の原因になることを信じ、
コレステロールを減らすことにより心臓病を予防できるのではないかと思い込んでしまいます。

 

例えば、お昼の情報番組や夜にやる健康的な番組などでコレステロールと心臓病などの特集がされて放送されると、
コレステロールが体に悪いものであるという考えを植え付けられてしまいます。

 

 

コレステロールは本当に悪いものですか、
それとも体に必要なものですか?

 

 

実は、人間の体は一日に1500rのコレステロールを生産します。
コレステロールを食品から摂れない場合は、肝臓がわざわざ製造するのです。
このことが意味するものは、コレステロールが体にとって重要な物質であることなんです。

 

何よりも優先されるホメオスタシス(恒常性)の状態を維持するため、
血液、糖分、血圧、塩分、カリウム、電解質などと共にコレステロールも絶対に体に必要な物質であるはずです。
もちろん、高い値のコレステロールは体に良くないかもしれませんが、
コレステロールを悪だといい摂取しなくなることも良くないことです。
コレステロールは体をつくるための重要な素材で、健康には欠かせないものです。
体のホルモン、特に性ホルモンの成分の一つでもあります。

 

様々な情報によりコレステロールが悪だという認識が広まっていますが、
必ずしもそうでないことが分かっていただけると思います。

 

やはり、ある程度はまんべんなく摂取できるような食事をしていく中で、
体の健康の基となる酵素の多い食べ物
酵素サプリメントなどを意識して摂取していく事で、今だけでなく健康的な体を維持できるものだと思います。

 

酵素サプリメントでは、たくさんの効果が得られると思います。
詳しくはコチラに記載がありますので読んでみて下さい。

 

酵素の効果

目的別に選ぶオススメ酵素

スポンサードリンク

スポンサードリンク