更年期には酵素を摂取

ツライ更年期だと感じたら

人の体の仕組みは非常に複雑です。
ただし、この場で非常に詳細な内容を書き連ねてもかえって理解できません。
分かりやすく簡単な形でご紹介できればと考えています。

 

内分泌系とはどのような働きがあるのでしょうか。
内分泌系は体内にある複数の内分泌腺の総称です。
体内のバランスを整える為のホルモンを分泌します。主に甲状腺、副甲状腺、下垂体、副腎、膵臓のアルファとべータ細胞、そして生殖腺のことを指します。
性腺(生殖腺)とは、男性では精巣、女性は卵巣のことです。

 

では、性腺とは何をするのでしょうか?
内分泌腺は循環系内にホルモンを分泌し、そのホルモンは体の特定の場所に働きかけるようになっています。
ホルモンは特定の器官あるいは場所で、細胞内の化学反応を調整する働きをします。
その結果、ホルモンは成長、繁殖、毒素の排出などの重要な身体機能に大きく作用します。
それぞれの器官や組織では、目的とする活性度を達成するために、緻密に化学反応の管理をする必要があります。
その調整が上手くいかなけれぱ、分泌腺や器官が傷つく恐れがあります。

 

この結果、更年期障害と言われる症状が出てくるのです。

PMS(月経前症候群)の症状緩和

PMSは個人によって症状が違いますが、
頭痛、乳房のはり、体重の増加、甘いものを食べたくなるなどが見受けられます。。

 

心理的な症状としては、気分のむら、イライラ感、
疲労、緊張感など、およそ150以上もの症状が報告されています。

 

考えられる要因としては、エストロゲンとプロゲストロンのアンバランス、
グルコースの代謝、脳内物質の一つであるセロトニンの欠乏、
低血糖、カンジダ菌など多くのことが関係しているといわれています。

スポンサードリンク

具体的には、PMSを発症する可能性がもっとも高いのは、糖分のアンバランスです。

 

 

PMSを発症する人はカフェイン、塩分の過剰摂取、飲酒、喫煙は極力抑えることが大切です。
要するに毒素を取り込まないようにすることは、月経前中に限らず常に心がける事が大事です。

 

PMSによるストレスの軽減には、複合糖質、たんばく質、運動量を増やすことが有効です。
毎日の日課のウォーキング等の軽い運動だけでも、PMSの発症をかなり抑える事ができます。

 

 

PMSの予防には酵素も効果的です。
生理の何日前かで日前から生活を少し変えることを勧めています。
酵素は、朝、昼、晩と摂取する事が必要です。
また、酵素ドリンクなどの少し甘みがあるものでリフレッシュすることも良い事です。

 

月経前に起こるさまざまな症状は、気持ちの問題などではありません。
多くの女性がPMSに悩んでいますが症状を緩和する事は可能なのです。
知識を得て自分に最も合っている方法を取れば、体調が改善することはよくあります。

 

 

甘いものがとても欲しくなるときは、栄養補給を必要としていることを体は教えている

しかし、体が糖分を必要としていると誤解してはいけません。

 

甘いものを摂れば摂るほど、脳は栄養が必要であるというメッセージを出し、
糖分を補給する必要がある、と誤解してしまいます。
当分の大量摂取がまた悪循環へとなっていきます。

 

 

体に必要な栄養を与え元気にすることで脳内から糖への欲求が消えます。
糖類の分解を助けるアミラーゼ(酵素)を摂れば、甘いものが欲しいという気持ちが少し和らぎます。
アミラーゼ(酵素)の補給を継続すれば、あなたも甘いものを我慢することができるようになるのです。
PMSによる糖分への欲求を克服したいときには、酵素ドリンク・酵素サプリメントを摂取してみて下さい。

更年期の「のぼせ」閉経対策

更年期になると卵管、子宮、顕部、膣はどれも小さくなります。
平均的な日本人女性は47歳から55歳の間に閉経を経験します。
75%の女性では、そのプロセスは40代から始まります。
時には30代から更年期を経験する人もいますし、遅い人は55歳まで何も経験しない人もいます。

スポンサードリンク

 

更年期は個人差がありますが、半年間から3年ほど継続することが普通です。
大半の女性は大きな不調を感じずに、その更年期を過ごします。
しかし、15%ほどの女性だけは体調不良を感じて苦しい思いをします。

 

更年期には、持病や以前から経験していた体の症状が悪化することがあります。
また、最も多く見られる症状の一つである「のぼせ」は、顔や上半身が熱くなる感覚で、
発汗や冷えを伴うことがよくあります。
時々のぼせる人もいれば、一日のうちに複数回と「のぼせ」と言われる症状がくる人もいます。

 

精神的な症状として、疲労感、不眠、集中力の低下、
涙もろくなる、記憶力の低下などを経験する人がいるかもしれません。
症状が悪化すると鬱状態になることもあります。

 

以前では、体内の変調がこのような症状を引き起こしていると思われていました。
しかし今では、個人の生活習慣などに要因があり、更年期からくる体の変化が、その反応を引き起こすきっかけになっていると考えられています。

 

 

この年代では、DHEAを生産する酵素に加え、消化酵素の減少が起きます。
DHEA、メラトニン、若返りのホルモンなどについては多くの情報が世に出ていますが、
このホルモンが働くために必要な酵素についてはまだほとんど知られていません。

 

酵素療法を体験した更年期の女性の多くが、症状の軽減を報告しています。

⇒お勧めの酵素サプリメントはこちらです

 

目的別に選ぶオススメ酵素

スポンサードリンク

スポンサードリンク