おならの原因

おならが多い原因は?消化不良にあります!!

おなら、胸焼け、胃痛、下痢、全身の疲労感、動悸などこれらの原因は消化器官にあるとも言われています。
その消化器官を悪くしている原因の一つが「消化不良」になります。

 

消化不良とは、食べ物の分解の過程で分解しきれなかったものを意味します。
食べ物の分解には「酵素」が必要となります。

 

食べ物の分解を助けるためには酵素サプリメントを摂取するとよいと思います。
摂取することで以下のような改善点が体の中で起こってくるでしょう。

  • 食べ物を完全に消化する
  • 栄養素を血液に循環させ吸収させる
  • 老廃物を排出させる

 

酵素を摂取することで、消化不良を改善し、消化器官までをも生まれ変わらせることができるのです。
それは、消化不良などを解消することで、必要のない排泄物や未消化のままの食べ物などがなくなり、
消化器官がきれいになることでそのような事が起こるのです。

 

 

例えば、キウイやパイナップルのようなたんぱく質を分解する酵素を働かせるためには、
加工されていない食物の中に存在するアスぺルギルス属の菌(単細胞生物)が必要とされています。
人間の体の中で非常に効率よく働き、たんばく質、脂肪、炭水化物などの消化にも役立ちます。
アスぺルギルス酵素は、老廃物が細胞に入り込んで蓄積してしまうことを防ぎ、
さらに細胞から老廃物を排出するという、ニつの役割を果たします。

 

 

食べ物を食べて消化する能力は胃の働きにかかっています。
健康的な身体でいるためには、消化、(栄養分の)分配、老廃物の排出が必要です。
できるだけその全ての作業を体が不快感を感じないようなやり方や消化器官へ負担をかけずに行わなければいけません。
炭水化物は発酵、脂肪は酸化、たんぱく質は腐敗してしまいます。
これらの未消化の食べ物は「食物残滓物」と呼びます。

 

 

食物残滓物が引き起こす大きな問題は、体のさまざまなところで老廃物として蓄積してしまうことです。
蓄積されることによって高コレステロール血症、カルシウムが細胞に沈着し石灰化の原因、関節炎と言われる発赤、腫脹、圧痛、こわばり、可動域制限を引き起こし、セルライト(脂肪組織に老廃物や水分が溜まったもの)、そして深刻な病気を引き起こす原因となり体に害を与えるのです。

 

スポンサードリンク

消化器官の危険信号

消化器官の多くは、食習慣が悪いことによってストレスを受けます。
また、アルカリ性食品(豆・海藻・野菜・果物・キノコなど)の食べ過ぎなどにより胆嚢への刺激となって蠕動運動が起き、吐き気や下痢を発症しやすくなります。

 

例えば、低たんぱく、高炭水化物の食生活をしていると、胆汁を十分に分泌しなくなります。
そうなると、胆嚢は空になることができず、肝臓は適量の胆汁を産生するための必要な刺激を受けられないのです。
結果、脂肪が大きい状態のまま残り、代謝酵素が上手く作用せず、脂肪の消化も吸収も不十分になってしまうのです。

 

消化されずに残ってしまった脂肪は、食物に含まれる鉄分やカルシウムなどとの結合をはじめます。
石鹸質の物質がつくられ、血液へのミネラルの吸収を妨げます。
さらには便秘、貧血、骨量の生産減少の原因となります。
また、胆汁の欠乏はカロテン、ビタミンA、D、K、そして体に必要な脂肪酸の吸収を妨げ様々な害を与えます。

 

健康に良い食品を食べていればいいという問題ではないことが分かりますでしょうか?
酵素が入っているから野菜だけしか食べないとか、魚しか食べない、お肉しか食べないではまずいんです。
色々な食材を少しずつでもいいのでまんべんなく摂取しましょうね。
継続的な免疫機能の低下が起きてしまうととても大変なことになります。
ただ、普段の生活の中で中々難しいという場合は酵素サプノリメントのカを有効に使う事をお勧めいたします。

胃に起きる裂孔ヘルニア

胃に起きる裂孔ヘルニアの詳細

裂孔へルニアとは、胸の筋肉が弱体化などにより、胃の一部が横隔膜から突き出してしまう病気のことです。
食物が胃までたどり着く前に痛みや不快感などの症状が現れたりもします。
その結果、未消化の食物片が胆汁にさらされてしまいます。

 

胆嚢の障害と裂孔へル二アの症状は似ているのですが、それは相互に影響し合う関係にあるためです。
脂肪の消化不良等の原因により裂孔へルニアを発症することがあり、それが結果的に胆嚢に大きな負担をかけます。

 

同様に、食生活の内容や酸とアルカリのバランスの崩れなどが原因となり、裂孔へルニアから胆嚢の病気が引き起こされる場合もあります。
裂孔へルニアの場合には酵素を摂取することにより、その酵素の作用が裂孔へルニアの脱出部位においても効果を現す場合さえあります。
こうした外部からの酵素の補給によって、酸とアルカリのバランスも安定します。

胃炎には酵素とハーブが効果的に緩和を促します

胃腸の疾患に際しては、アミラーゼ・リパーゼ・セルラーゼなどのl酵素を摂取することが大事です。
また、ハーブ(ウスべニタチアオイが有効)も効果があります。
このハーブは、体の組織を再生するためにとても有効です。
異物や有害物質を排出する作用があるので、ウスべニタチアオイは消化器官や呼吸器の粘膜組織の炎症を和らげる効果があります。
その効果がもたらすことは粘液の分泌を正常にし、尿酸の過剰な蓄積を取り除いてくれます。

 

ツボクサ(ハーブ)も非常に効果があります。
長寿をもたらすハーブとして知られ、ビタミンやミネラルが豊富です。ウスべニタチアオイとツボクサを併用するとさらにいいでしょう。
炎症に関するハーブとして、一番と言っていいほど有名なものはアメリカサンショウです。

 

内的要因ではなく、外的な要因(精神的ストレスなど)が胃炎の原因であるならば、
酵素とハーブの組み合わせによる鎮静作用が効果的です。その際は、セイヨウカノコソウの根が効果的です。
その他にホップ、タツナミソウ、ワイルドレタスなども有効です。
精神的な要因であっても肉体的な要因であっても、毎食時に酵素を摂取することで異常な状態を緩和することができます。

ウスベニタチアオイ ツボクサ アメリカサンショウ

ウスベニタチアオイ

ツボクサ

アメリカサンショウ

セイヨウカノコソウ タツナミソウ ワイルドレタス

セイヨウカノコソウ

タツナミソウ

ワイルドレタス

 

 

スポンサードリンク

目的別に選ぶオススメ酵素

スポンサードリンク

スポンサードリンク