酵素の力

酵素で健康を取り戻す〜脳と心の蘇り

脳は神経系の管制室と言われています。
脳によって知覚働きアイデアを生み、アイデアが行動に繋がるのです。
脳は体重の2%ほどの重さしかないにもかかわらず、
酸素や血液の循環量は全身の20%も占めていることからも、いかに重要な器官であるかが分かります。

 

スポンサードリンク

脳の重量や体積が人の知能や知力を表しているわけではありません。
細胞の大きさも関係ありません。それよりも脳細胞の数が知識や知能と関係があります。
他の高等動物でもそうですが、人の脳は生まれた時には、まだ完全に形成された状態ではありません。
人間そのものがそうであるように、脳は絶えず成長し、変化しています。
受胎してから2週間ほど経過すると、胎児の脳は見分けがつくようになります。
そして、次第に大脳皮質が脳の表面を覆います。
この皮質は成長しながらシワが寄り、大脳の中に納まるのです。

 

脳の知的能力の50%は遺伝によって決定付けられますが、
残りの50%は実生活のなかで、教示や模範行動によって培われます。
生きている脳は、日々自分に手を加えているのです。言語、映像、考えなどの情報が、その複雑な連絡網を伝って行き来しています。

 

 

健康、そして体内均衡を維持するためには、視床下部へ栄養を与え活性化させることが大切です。
多くの人は、そのためには砂糖さえ摂っておけばよいのではないかと思ってしまいます。
しかし、実際には栄養に富み酸素を多量に含む食品でなければ、頭脳食とはならないのです。
消化や吸収に問題があれば、脳も被害を受ける事になります。
血中に含まれる食物残滓物が脳へ到達してしまうと、脳にとって良い事はありません。
視床下部は、人間の内分泌系や神経系を管理しています。
脳に対しては最も健康的な食べ物だけを与えることは、理にかなっていると思いませんか?

 

さまざまな原因で起こる不安障害

不安とは心配、焦燥感、恐怖を感じることです。
何らかの事態に直面したときに、不安になること自体は妥当な反応です。
学校で試験を受ける、新しい職場で仕事を始める、別の街へ引っ越すなどのことがあれぱ、不安を感じること自体が不思議な事ではないですよね。
現実問題、不安症とは、外の世界で起きていること、戦争、大気汚染、あるいは社会経済などが生活に及ほす事柄に対して、非常に心配になることです。
今ではインターネットなどから情報を簡単に入手できることが、些細な心配をさらに助長してしまうこともあります。
ある程度の非現実的で根拠のない不安を抱えることは、日常生活において誰にでもあることです。

 

現実に即した不安とは、例えば飲酒など特定の問題によって発生します。
不安感を絶えず感じるようになり、特定の原因が思い当たらない場合には、不安神経症という疾患になるのです。
この病気は日常生活に支障をきたすため、治療は特に難しくなります。
自分では感情のコントロールができなくなると、病気と判断されることになります。
その症状は、痛みや身体的疾患として現れることさえあります。
不安と戦うためには、その要因を探ることが最も効果的です。
食べ物のアレルギーの有無や食品の選択の仕方などを見直さなければなりません。
そうすれば、症状はかなり緩和されるはずです。

 

身体的要因、または特定の物質によって誘発される不安障害もあります。
外的要因としく、多くのことが挙げられます。
食べ過ぎ、お酒、糖類、砂糖、加熱食品、塩分、カフェイン、煙草、薬物、不純な水などの過剰摂取、さらには過重労働、
心配事、緊張、抑鬱、過労などは私たちの気力を削ぐのです。このような習慣をやめると、今度は頭痛や虚無感を感じます。

 

体から毒素を排出する過程では鬱病や無気力、全身的を体調不良を感じることは正常な反応です。
よく「良くなる前に一度悪くなる(好転反応)などと言いますね。
今日の社会で見られる多くの病気は、身体的、物質的な不安障害によって引き起こされていると、私は考えています。全国のどの家庭でも、この問題は存在します。

 

頭痛の痛みを和らげる

頭痛は、もっともありふれた訴えの一つです。
大半の人は、頭痛は病気ではなく、症状であることを知りません。
頭痛は誰もが経験していることで、冷たいものを一気に食べたときにおこる額を突き刺すような痛みとして経験しているかもしれません。
あるいは、頭の筋肉が緊張し、締め付けられるような痛みである場合もあるでしょう。
もっとも辛いのは、暗い部屋で丸くなっていなければならないような片頭痛の激しい痛みです。
頭痛に苦しんでいるはとんどの人は、ニつのことをします。
痛みが治まるのを待っか、それとも無数にある市販の鎮痛薬を服用するかです。
これで十分である場合が多いのです。
しかし、一月に3回以上の頭痛がある場合には、その原因を探してみるべきです。
線維筋痛症の約50%には、頻発する片頭痛や緊張型頭痛の症状があるといわれているのです。

 

頭痛には三つの種類があります。
まず緊張型頭痛ですが、これは頭にハチマキを巻いて締め付けたような痛みです。
ストレスによって引き起こされる場合が多く、短けれぱ加分、長いときには1週間ほど続きます。ひどいときには一日中痛みます。
片頭痛は激しく脈打っような痛みで、吐き気や光、音などに対する過敏性を伴います。
片頭痛に苦しむ多くの人は、痛みが治まるまで暗い部屋で休むことになります。痛みが治まるまでの時間は2時問から2日間です。

 

頭痛の原因として最も一般的であるのは、
アレルギー、二日酔い、関節炎、頭への外傷、カフェインの禁断症状、
高血圧、かぜ・インフルエンザ、空腹、疾病、副鼻腔感染症、眼精疲労、顎関節症です。

 

慢性頭痛に苦しむ人は、ほとんどいつも脱力感に襲われています。
ライフスタイルや食事内容が適切でないために頭痛が現れるのです。
生活を改める必要があるということです。多くの場合には食事の改善が最も効果的です。
当サイトお勧めのサプリメントを利用すれば、頭痛など簡単に治ります。
酵素の素晴らしい働きは自然の恵みであり感動すら覚えます。
酵素療法を利用した頭痛の治療は、いつも同じ経過を辿ります。
頭痛や、激痛を伴う片頭痛でさえも過去のものとなりました。

目的別に選ぶオススメ酵素

スポンサードリンク

スポンサードリンク