酵素とは

酵素とは?

現代では医療や漢方、生物学や化学などの研究が盛んに行われているにもかかわらず、
栄養素の補給や病気の治療において、酵素が重要な役割を果たしていることについては全くと言っていいほど知られていません。
その代わりに、酵素ダイエットだとか、酵素ドリンクだとか、酵素で断食といった、
あまりに偏った情報だけが先行しています。

 

やはり、ウソの情報に惑わされるのではなく、
的確な正しい情報をしっかりと、見極めてもらいたいと思います。

 

 

 

酵素は食物から摂取したり、体内にある栄養素から製造されるたんぱく質の一種です。
体内で活動している全ての反応には、酵素が必要です。
要するに何をするにも酵素がないと活動できないのです。
それは、酵素がないと生きていけないことを意味します。

 

 

ビタミンやミネラル、そして男性ホルモン・女性ホルモンも、酵素がなければその役割を果たすことができません。
酵素と言うものはこれほどまでに重要かつ必要なものなのです。

 

スポンサードリンク

消化を行うために必要な酵素

消化を正しく行うためには、四つの主要な酵素三つの補佐的な酵素が必要です。

 

アミラーゼ 糖質やでんぷん(果物、野菜、麺類、パンなど)の消化を助けます。

糖やでんぷんの消化不全があると体内で発酵し、お腹にガスが溜まるなど不快な症状が出ます。

プロテアーゼ たんぱく質(赤身の肉、軸鶏肉、魚肉、ナッツなど)を消化します。

消化が上手くいかないと、そのたんぱく質は腐敗して消化不良を引き起こし、その腐敗物が毒性を持つこともあります。

リパーゼ 脂肪を分解し、脂肪酸のバランスの調整を助けます。

脂肪の消化が不完全だと消化器官の中で酸敗(酸化して変質すること)し悪臭やコレステロールのバランスを崩す原因となります。

セルラーゼ セルロース(野菜や植物性食品に含まれる繊維質)を分解します。

しかし、セルラーゼは体内ではつくることができません。こういう消化酵素を摂取したいですね。


三つの補佐的な酵素は

  • ラクターゼ・・・ラクトース(哺乳類の乳に含まれている)を加水分解(水に反応し分解されること)するのに重要な酵素
  • スクラーゼ・・・スクロース(砂糖の主成分)を加水分解するのに重要な酵素
  • マルターゼ・・・消化酵素の一つで唾液などに含まれる酵素

になります。

主要な酵素はどんな食品から摂れるの?

代謝酵素は体内で合成される酵素で、消化の全過程にわたって必要です。
体内で作られる代謝酵素は年々低下しますし、過度のストレスや喫煙、寝不足などにより下がってしまいます。

 

一方、食物酵素は生の食物の中に含まれています
そのため、生の食品は非常に体には良いのです。
生の果物や野菜にはそれぞれ、酵素がありますが調理することで加熱してしまうとその有益な酵素が死んでしまい、消化を助ける力をを失ってしまいます。

 

新鮮な生野菜から酵素を摂取

 

例えば、バナナの熟す過程を例に取ってみましょう。まだ黄色い色のついていない状態のバナナは身が硬血く味も全くありませんが、
酵素の働きにより、軟らかく、甘く、茶色く変色するのです。
酵素は熟す段階でとても効力を発揮します。

 

アミラーゼを食べ物から摂ることでで期待できる効果や効能は、消化不良・食欲増進効果などです。 
また、アミラーゼを比較的多く含む食材は、 大根・山芋・かぶの根等になります。
ただし、熱を加えることで簡単に酵素は死んでしまいますので、大根おろしなどで毎日食べる事をお勧めします。

 

次にプロテアーゼですが、パパイアの身に入っている「パパイン」や、
キウイなどに入っている「アクチニジン」等があります。また、生姜にもたくさん含まれています。
ですので、お肉や魚などを食べた後の食後のデザートにはキウイやパパインなどの果物を摂取るように心がけると、
消化を助ける働きがありますので、胃もたれを防ぐためのデザートとしては、もってこいだと思います。

 

リパーゼの多く入った食品は、納豆、とうもろこし、落花生、キノコ(カビや細菌などの微生物)、植物の種子等に含まれます。
この中で生で食べられるものと言えば納豆ではないでしょうか?
昔の人の食事には納豆は欠かせないモノでした。
これが、長寿の国「日本」を作った和食文化なのかもしれません。

 

セルラーゼは動物では生産できないものであり、菌類や貝類などに多く含まれているとされています。
ただし、生で食すことはあまりできないのでこういう酵素の素をサプリメントなどによって摂取することがいいのかもしれませんね。

 

 

生酵素サプリメントで酵素の素を効率的に摂取

 

 

分解酵素のラクターゼは、生まれてから何年間かは、皆が持っています。
しかし、成長するにしたがって、消化器官の中にラクターゼが少なくなったり欠損してしまう人がかなりいるそうです。
こうなると、ラクトースを消化することができなくなってしまいます。
逆にラクトースを消化できないために腸に刺激を与え、結果として下痢等を引き起こすことになるのです。

 

他の補佐的な酵素もあまり食べ物の中に含まれていないものがあります。

おもいっきりテレビ紹介された酵素の力

お時間があれば是非、酵素の魅力を動画でご覧ください。
酵素は健康的な体をつくる上で不可欠な要素になります。

 

〜概要〜
★健康の源の歴史
1970年までは、糖質・脂質・タンパク質が健康の源とされていました。
1970年〜2000年までは、ビタミン・ミネラルが健康の源とされていました。
しかし、2000年以降は体内酵素が健康の源とされています。

 

酵素とは、
・食べ物の消化吸収を高める
・吸収された栄養を体中に届ける
・活性酸素・有害物質を除去してくれる
結果⇒自然治癒力を高めてくれる効果があります。
この結果は今や栄養学会や医学では常識になっています。

 

人間が生活していくうえで酵素と言うのは確実に必要な媒体です。
全ての生物は酵素を必ず持っているのです。お酒のアルコールを分解することも、病気になるきっかけも酵素不足が原因となっているのです。

 

動画5分30秒ぐらいを見てください。
以下が、その時の発言になります。
みのさん
「はぁ〜、じゃあ先生、病気の治療はまず酵素を考えないといけないんですか?」

 

医学博士
「そうです。酵素の絶対量が低下することで病気になってしまうのです。」

 

体内酵素は約3000種類以上あります。
それでは、その酵素が年齢を取るごとにどのように変化していくのか見てみましょう。

 

ある3世代の女性に協力いただきました。
おばあちゃん:67歳
お母さん:43歳
娘:16歳

 

脂肪を代謝する酵素:リパーゼと、でんぷんを代謝する酵素:アミラーゼの絶対量の比較です。
動画6分10秒ぐらいです。

年齢別による酵素の減少度合い

 

みのさん
「脂肪をたくさん摂ってもリパーゼが働いてくれると脂肪を代謝よくしてくれるんですね!!」

 

医学博士
「そうです。」

 

みのさん
「でんぷんをブンブンぶんぶん食っちゃってもアミラーゼが働いてくれればでんぷんなんか恐くもない」

 

上の画像を見ていただければわかると思いますが、酵素の量は歳とともに減ることになります。

 

みのさん
「歳と共に酵素は減るんですか?」

 

医学博士
「ええ。老化っていうのは酵素が減る事です。」

 

スポンサードリンク

食べ物として摂取した炭水化物や脂肪やタンパク質でもそのままでは使う事が出来ません。
小さくなって細胞膜を通ったり腸膜を通る為には酵素によって消化されないと通ることができません。
この結果、年齢を重ねたり、ストレスを感じたりする事で酵素の絶対量が少なくなって
消化不良や便秘などの弊害を及ぼすことになるのです。

 

みのさん
「先生、病院などで酵素を測ることができるのですか?」

 

医学博士
「いえ、酵素が大事だという認識が現在の日本の社会にはないんですね。」

 

一同
「ええ〜〜!!」

 

 

体内酵素は増やせる?

 

みのさん
「先生、増やせないのですね。」

 

医学博士
「ええ、体内の酵素は減る一方なんですよ。」

 

体内酵素は生まれた時から徐々に減るばかりです。
昔の認識では、体内酵素はいくらでも作られるという認識だったんです。
しかし、酵素の絶対量は一定であり、年齢を重ねるごとに減っていくのです。

 

みのさん
「だから重要なんですよ。皆さん!!」

 

しかし、減っていく一方の酵素ですが、活性を高めることができます。
酵素の絶対量が減っていっても活性力が高いと倍の効果があると言えます。
※動画10分10秒ぐらいです。

 

 

体内酵素が減る3大原因が以下となります。
この3大原因を無くす事ができれば、70代は50代の酵素量に、50代は40代の酵素量にすることもできます。

 

体内酵素が減る原因
1、食事をする時
2、体が疲れを感じた時
3、ストレスを感じた時

 

みのさん
「先生、これどういう事?」

 

医学博士
「食べるという行為を行った時には消化されないと利用できません。」

 

医学博士
「その時に消化酵素が利用されるのです。食べれば必ず消化酵素を使うのです。」

 

医学博士
「目減りさせたくなければ食べなければいい!だから小食健康法と言われるのですよ。」

体内酵素の目減りを減らす3つの方法

みのさん
「以下の内容が1つでも当てはまると体内酵素の目減りが加速し始めています。」

・食事の後に体がだるかったり、やけに眠たくなったりする
・ここ数年で太った
・便秘がち
・化粧ノリが悪い
・風邪をひきやすい

 

医学博士
「酵素が足りていない症状が顕著に表れるのが便秘と肥満です。」

※動画14分ぐらいです。

 

スポンサードリンク

この10年で日本人の摂取カロリーは変わっていないのに肥満は3倍増えている現状があるんです。
普通は、食べすぎだったり、運動不足でと感じるのでしょうが実はそうではなかったのです。
我々の体に酵素不足が起きる食事が多くなったことが原因なんです。

 

昔の食生活は質素なものでした。しかし、栄養素はふんだんに含まれていたのです。
食生活にも欧米化の波が押し寄せ、酵素母即に陥っているのです。

 

その結果、まずは肥満として体に反応があらわれ、便秘になるのです。
体では消化は腸で行われます。腸と言うのは最終地点になります。
酵素の量が少なくなることで腸内細菌の力が非常に弱くなります。

 

眠くなるという事は体が休めと命令していることになります。
酵素は寝ている間に生成されるものになります。
しかし、絶対量は減るばかり。だから皆さん太ってしまい、便秘になりの悪循環に陥るのです。

 

 

体内酵素の目減りを防ぐために

 

食物酵素をたくさん摂ることによって、体にある体内酵素を手助けすることができるのです。
体内酵素の目減りを防ぐためには生で食べると効果的です。
※動画16分30秒ぐらいです。

 

 

医学博士
「ぜひ、今日TVを見ておられる小さいお子さんをお持ちのお母さんに聞いてもらいたいんです。」
「赤ちゃんは3歳までに脳が完成します。脳をつくる時にはたくさんの酵素を必要とするのです。」
「だから、母乳にはたくさんの酵素が含まれているんです。」

 

現代ママの多くは母乳に酵素が少なくなってきています。
そのうえ、完母でなかった場合ミルクをあげますよね?
その時には絶対に一度沸騰させます。その中に粉末を入れると…。
仮にそのミルクの粉末に酵素がたっぷりだとしても失活してしまいます。

 

脳に酵素が行きわたらないとどういう事になるかと言うと…
脳が軽くなってしまいます。
※動画17分30秒ぐらいです。

 

 

塾や家庭教師もいいのですが、小さい時期の食べ物って本当に大事なんです。

 

みのさん
「酵素を多く含んだ食べ物を食べたお母さんの母乳を飲んで育った赤ちゃんは大体ノーベル賞ですよ(笑)」

 

医学博士
「脳と歯だけは完成した後には生まれ変わりません。その他の部分はどんどん再生していくのです!!」
「だから、酵素は必要になってくるのです。」

 

生の食べ物だけではなく発酵食品にも酵素がふんだんに含まれているのです。
発酵食品は腸で働く菌の餌になるので腸の働きを活発にすることがあります。

 

昔は各家庭に糠床がありましたよね。
そういった生活環境の変化も酵素の量が減ってきていることを示しているのではないでしょうか?

 

 

〜概要ココまで〜

 

 

 

いかがでしたでしょうか?
動画を見られた方も、概要を読まれた方も酵素の魅力を感じていただけたのではないでしょうか?
ぜひ、酵素を多く摂取して健康な体を育んで行ってください。

酵素を上手に摂取するには?

生きていくためには酵素が必要だと言う事は理解していただけていると思います。
ただ、出来る限り健康でいたいと願っていると思いますし、皆さんにはそうであって欲しいとも思っています。

 

酵素を効率的に摂取したいなら!
酵素は、体内で自然に生成されます。それとは別に食べ物からも摂取できます。
ただし、二つ共に問題点があります。それは、、、

 

スポンサードリンク

  • 体内で生成される酵素は年々減っていく。
  • 食べ物から酵素を摂ることはできるが、加熱することで死んでしまうため摂取することが難しい

と言う事なんです。

 

結果的に、永遠に子供として生活してく事ができるようになるか、生の食品しか口にしない人でなければ、
健康的な体を維持して活発的な活動するために必要な酵素を得ることが出来ないことになります。

 

そのうえ、酵素はたんぱく質の一種であるため、消費してしまった酵素を補充するには、
継続的にアミノ酸を食事から摂らなければばなりません。
消化が不十分だとアミノ酸の供給が減少してしまい、代謝酵素を生成する能力が余計に阻害されてしまいます。

 

これでは本末転倒になってしまうのです。

 

この事態を回避する一つの方法は、酵素を持っている生の食物たけを食べることです。
ところが、生の食品には摂取したものを消化するたけの量の酵素しか含まれていません。
もう一つの選択肢は、
食事に加えて酵素サプリメントを摂ることで酵素を実質的に体内で作らせることなんです。

 

 

生酵素で体内に活力のある酵素を

 

 

覚えておいて欲しい事は、消化が不十分だと果物・野菜でんぷんなどの糖類は腸の中で発酵、
乳製品、油、揚げ物などの脂肪は酸化、鶏肉、魚肉、木の実などのたんぱく質は体の中で腐敗を起こし始めます。
こう考えてみると、便秘、おなら、消化不良、口臭などの臭いの基は至る所に理由があるんです。

 

 

臭いが気になるという方がいれば一度、酵素が不足していることを疑ってみたほうが良いかもしれませんね。

 

 

酵素の重要な役割

酵素のもう一つの重要な役目と言うのが、自分の体に代謝をさせ続けることです。
具体的には、脂肪の燃焼、細胞に栄養を与える、必要な箇所にエネルギーを供給するといった仕事です。
こういった事と言うのは酵素の役割になっています。

 

 

脂肪の燃焼も酵素が必要なんですよ。
だからこそ、ダイエットにも酵素が重要な役目を果たすんです。
ダイエットで何も食べないとか、置き換えとかしても脂肪は燃焼しないんですよ。
だって、酵素を得なければ酵素が足りなくて代謝にまで酵素を使えないですから。

 

 

断食や置き換えもいいです。
ただ、しっかりと酵素を摂取できるような環境の基でやらないと、不健康になってしまうだけです。
もちろん、痩せることは可能ですが、お勧めは出来ません。

 

 

その他にも、酵素が活躍している場所はたくさんあります。
皮膚の再生、筋肉、骨、内臓、神経の生成から老廃物を排泄する過程まで、どの活動にも酵素活性が必要です。
これが、便秘にも酵素が必要と言われる意味ですね。

 

艶やかな皮膚、効率よく働く直腸、肝臓、心臓、脳、さらに正常に機能する肺、腎臓、ホルモンなどは、全て酵素の働きを頼りにしています。
本当に酵素は生命にとって必要不可欠なものとなります。

 

 

ある最新の研究の結果などを見ると酵素の経口摂取の効果について懐疑的な人たちでも、
近年その効果について認めるようになってきているということです。

 

数多くの研究の成果から、

  • 循環免疫複合体
  • リウマチ障害
  • 急性免疫疾患

などに対し、経口による酵素服用の有効性が確認されていると述べています。

 

多くの著名な科学者、医師、研究者も

  • 慢性病
  • がん
  • 健康障害

などの疾患を、酵素の欠乏と関連付けています。

 

ノーべル賞を受賞しているるジエームスB・サマー博士は、40歳を過ぎ、年を取ったと実感する独特の疲労感は、
体中の酵素の減少によるものでであると述べています。
若い人の細胞には年を取った人の古い細胞の何百も余計に酵素があるが、
古い細胞は代謝の老廃物や毒素が含まれている、ということです。

 

とあるその世界では有名な学者がこう述べています。。
「治療のための酵素利用は、将来重要な医学療法の一つとなる事でしょう。
治療におけるポテンシャルは絶大なものがあり、私たちは、酵素こそが将来の治療法になると信じています。」

 

まだまだ先の話かもしれませんが、「酵素」と言うキーワードが医学・医療・治療の世界で注目されることになるかもしれません。
酵素はそれだけの魅力と神秘的な力を持っています。
出来る限り、酵素を摂取して健康的な体を目指しましょう。

 

野菜だけで酵素を摂取し続けることは難しいです。

酵素をより効果的に摂取する食事方法

酵素は厳密に言うと、48度以上で死活してしまいます。
48度で2時間程度。50度で2分程度、53度で20秒程度で死活してしまうと言われています。

極力1日の食事量の半分は生野菜と果物で摂取するといいでしょう。

すりおろしにして摂取してみましょう!!
すりおろして摂取することで吸収できる酵素の量が何倍にも増えます。
継続して行けるようにしましょう。
生野菜のみ、果物のみ、肉や魚・炭水化物は摂らないなどの無理は禁物です。「酵素を効率的に摂取するために」と言う意識を持つだけでもずいぶん違います。

 

スポンサードリンク

酵素を食品から効率よく摂取するためにはまずは酵素の多く入っている食品を知ることが大事です。

酵素の多い食品

炭水化物分解酵素・タンパク質分解酵素・毒素排出・糖質分解の効果のある食品
大根・リンゴ・レモン

炭水化物分解酵素が多く入っている食品は、大根やリンゴ・レモンなど。すりおろす事で酵素を何倍も摂取することができます。

タンパク質分解酵素が入っている食品はバナナやパイナップルセロリ。
毒素排出=デトックス効果のある食品は、オレンジやキュウリ。
糖質分解酵素はスプラウトやアボカドとなっています。
また、発酵食品にも多く含まれていて納豆、味噌、糠漬け、漬物、麹などの食品にも酵素が多く含まれています。

この様に多くの食品に酵素は含まれている場合が多いですが、注意点も多いことは事実です。

 

毎日たくさんの野菜を摂取しないでも良い方法は無いの?

一概には言えませんが、酵素だけに限ることではなくビタミンやミネラルやそういった栄養素っていうものは、新鮮な野菜に多く含まれているんです。

 

野菜の量より質

鮮度や添加物や安全性

上記3点をしっかりと守って美味しい野菜を摂取することができれば野菜から酵素を摂ることも難しい事ではありません。
ただ、いつものスーパーで野菜を購入することでこの3点をクリアーすることは難しいんです。

 

理由は、スーパーは売ることが目的で極力安い商品を提供して売るという観点を持っているからです。
安かろう悪かろうと言うつもりはありませんが、スーパーの野菜はキレイな状態の野菜しかありません。
形が崩れていたりしたら売り物にならないからです。
だから見た目だけを気にして、鮮度や添加物や安全性はあまり意識していないと言うところが本音です。

 

じゃあ、野菜で摂取することは難しいの?

野菜から酵素を摂取することは簡単です。
毎日、生野菜をしっかりとサラダにしたりして食べればいいだけですから。

 

でも、簡単は大違い。

 

毎日、サラダを作るのは大変だし、毎日外食で新鮮なサラダを摂取することも経済的には難しいです。

 

だから、よりなんです。

 

酵素を野菜から効率よく取るためには安心できる宅配野菜
⇒宅配野菜のオイシックス

 

 

酵素を野菜以外から効率よく摂取するためには酵素サプリがオススメ
⇒生酵素OM−Xが選ばれる理由は?

目的別に選ぶオススメ酵素

スポンサードリンク

スポンサードリンク