免疫力を上げる

免疫力とは?

免疫力とは、体の中の病を免れる力です。

 

食事の仕方で免疫力を高められる。
この事実が最近分かってきたことです。
私たちの身のまわりには、目に見えないインフルエンザのような病原性のウイルスや食中毒を引き起こすような怖い細菌が無数に飛び回っています。
それらが体内に入った時、体をむしばみ色々な形で体内にダメージを与えるのです。
「免疫」とは、読んで字のごとく「疫(病)を免れる」ということを意味します。
免疫とは、体の中に侵入してきた人の体に悪影響をおよぽすウイルスや病原菌を排除し、破壊する細菌防御システムなのです。
そのような働きを免疫力といい、専門的には免疫系と呼んでいます。

 

スポンサードリンク

 

体内の二つの免疫防衛隊

食ぺ物や呼吸とともにロから侵入してきた危険な病原細胞は、胃や腸を通り抜け、体の中で増殖をはじめます。
それらを瞬時に迎え撃つのが免疫細胞と言われるものです。それはまさにミクロの世界で繰り広げられる戦争を考えてみてください。

 

様々な武器をもった体の中の防衛軍が私たちの体を病原菌やウイルスから守ってくれる免疫システムです。
例えるなら体の中で起こっている戦争を想像するとわかりやすいでしょう。
人体への侵略者(病原細菌)に対して、さまざまな武器をもった防衛軍が迎え撃つ。
それが免疫システムです。
我々の体守ってくれる防衛軍には、2種類の部隊があります。
第一の部隊は専門的には自然免疫系といい、体の中で広く侵入者を見張っていて、危険な敵を発見したら即座に攻撃をしかけます。

 

具体的には、例えばマクロファージと呼ばれる免疫細胞たちが侵入者を攻撃します。
その悪細胞ががん細胞ならば、ナチュラルキラー細胞(NK細胞)が出撃し、排除していきます。

 

自然免疫系を突破してくる手ごわい侵入者もいます。
病原菌といっても、彼らも生き物なので必死に抵抗してきます。
そんな時の出番が第二の部隊。
精鋭部隊と呼ばれる適応免疫系です。敵の形や大きさや強さをきちんと見極め、T細胞やB細胞という免疫細胞たちが連携して、
専用の抗体を作り、危険極まりない侵入者を排除していくのです。

免疫力について、難しい点がひとつあります。

それは個人差があるということです。
しかし、それと同じくらい大事なポイントがありますそれが食べ物です。
最近の研究では、人間のもつ免疫力は、食事の仕方によって誰でも高められることが次第にわかってきました。
そこで次に免疫カのメカニズムを紹介します。

 

骨の中で造られる免疫細胞たち私たちの体を守る免疫システムは、たくさんの免疫細胞たちで構成されている。
それらは赤血球や血小板など血液を作る骨髄の造血幹細胞で作りだされ、血管やリンパ管を通して全身に送られています。

免疫力がUPする食べ物

免疫系と言う言葉を知っていますか?

免疫系とは?
…免疫系(めんえきけい、immune system)は生体内で病原体などの
非自己物質やがん細胞などの異常な細胞を認識して殺滅することにより、
生体を病気から保護する多数の機構が集積した一大機構である。

 

精密かつダイナミックな情報伝達を用いて、細胞、組織、器官が複雑に連係している。
この機構はウイルスから寄生虫まで広い範囲の病原体を感知し、
作用が正しく行われるために、生体自身の健常細胞や組織と区別しなければならない。

 

免疫系が異常を起こすと病気になる場合がある。
免疫系の活動性が正常より低いと、免疫不全病が起こり感染の繰り返しや生命を脅かす感染が起こされる。

 

免疫不全病は、重症複合免疫不全症のような遺伝病の結果であったり、
レトロウイルスの感染によって起こされる後天性免疫不全症候群 (AIDS) や医薬品が原因であったりする。

 

反対に自己免疫病は、正常組織に対しあたかも外来生物に対するように攻撃を加える、免疫系の活性亢進からもたらされる。
ありふれた自己免疫病として、関節リウマチ、I型糖尿病、紅斑性狼瘡がある。

 

免疫学は免疫系のあらゆる領域の研究をカバーし、ヒトの健康や病気に深く関係している。
この分野での研究をさらに推し進めることは健康増進および病気の治療において重大な役割を果たすことが期待できる。

 

上記wikiより引用。

 

すなわち、免疫力をUPする事により、
病気になりにくく健康な状態を持続する事が出来るのです。

 

スポンサードリンク

 

免疫力を上げる方法

スグに誰にでもできる方法です。

 

・快適な睡眠
・適度な運動
・バランスの良い食生活
・ストレスからの解放

 

上記4つを意識して生活をしてみて下さい。

 

快適な睡眠

睡眠不足は人間の大敵です。
1日6〜8時間は睡眠時間を取れるようにしましょう。

 

以下、参考になる記事がありました。

 

生活リズムと体内リズム
※当サイト内の記事ではございませんが、参考までにリンクを張らせていただきました。
http://kousojuice-diet.com/kousojuice_diet.html

 

適度な運動

外でするならウォーキング等もお勧めですね。
会社勤めの方なら、社内はエレベーターを使わずに階段で上り下りとか、
電車通勤なら自転車に変えてみるとか、一駅前から歩くとかでもいいですよね。

 

男性なら筋トレ含めて腕立てと腹筋を毎日するとか。

 

その程度から始めて、毎日続けることが一番重要となります。

 

バランスの良い食事

基本は自炊が一番ですよね。
出来合いのものではなく、素材から調理できるものを体に摂りいれる事。

 

あとは、偏食なくお肉、お魚、野菜、温かいモノ、冷たいモノなど、バリエーションを豊富にすることが重要です。
昔の日本の食事などを参考にしてみて下さい。

 

再現された江戸時代の食事
http://matome.naver.jp/odai/2134329123090279301

 

ストレスからの解放

一番効果的な事は、趣味を作る事です。
自分の好きな事をしている時は、時間が経つことが早いし、何より楽しいです。

 

当サイトおススメの免疫力UPの酵素サプリメント

日々の生活で貯め込んだストレスを如何にしてプライベートの時間で発散するか。
ココにかかっていると思います。

 

酵素は免疫力UPのお手伝いもできます。
酵素の効果や免疫力についてなど、サイト内にたくさん記載しております。

 

参考程度に知っておいても損はないと思います!!

 

⇒免疫力UPに生酵素(サイト内リンク)

 

ぜひ、お立ち寄りください(笑)

腸内フローラ=免疫力UP

腸内フローラはためしてガッテンで放送されてからみんなが知る言葉となりました。

腸内フローラとは

腸内フローラ

糖尿病は腸内細菌で治るという、 NHKのためしてガッテンで放送されて、有名な言葉となりました。糖尿病は食べる事で改善できるという、腸内細菌に関する内容となっていたそうです。

 

凄く簡潔に言うと、腸内細菌を増やす食べ物は

根菜類や海藻類やきのこ等のようです。
普段の食生活の中で比較的簡単に摂取できるものですので、こういった食事に気を使うことも大事なことだと思います。

 

こんな統計結果も出ているのです。
昭和30年頃の日本とアメリカとを比べると野菜の摂取量は日本の方が多かったのですが、1995年頃になるとアメリカ人の野菜の摂取量が日本人の摂取量よりも上回ります。それとともにアメリカ人のガンや糖尿病の患者数が減り、日本人のガンや糖尿病の患者数が激増しているのです。
原因として、必ずしも全てではないでしょうが「食生活」の変化が健康被害を及ぼし始めているという事も考えられます。

 

例えば、食生活をコンビニ重視の生活から栄養バランスを考えた自炊重視の生活に変えるだけで、体重の変化や肌の変化、血糖値や血圧の変化などあらゆる変化が見て取れることも事実です。これは食生活によって腸内フローラ(腸内細菌)が整えられたからという事になるのです。

 

では、腸内フローラを整えることでどういった改善がみられるのでしょうか?
  • 糖尿病の改善
  • 便秘の改善
  • 血糖値を下げる
  • 脂肪を燃焼させる

などの効果が認めらています。

 

例えば、便秘の改善効果に関して、以下の3つの文献にて、排便回数の有意な増加と便の硬さが有意に軟らかくなることが観察され, 便通の改善効果が認められた。との結論が導き出されています。

 

腸内環境を整えることで便秘解消などに効果があると研究で発表されています。
腸内環境を整える食べ物の中、現段階で何が一番効果的かというと実はブロッコリーなんです。
ただ、ブロッコリーと言っても普通にブロッコリーを摂取するだけではだめなんです。

 

と言うのも、ブロッコリーに含まれている成分の中で最近発見された新たな成分が注目を集めています。
その成分とは免疫活性成分ブロリコと言います。

 

ブロリコは東京大学とイマジン・グローバル・ケア(株)の共同研究により、ブロッコリーから発見された自然免疫を高める、世界で初めての物質です。

 

新しい自然免疫の活性度を測定する方法で、野菜や果物、きのこ類や海藻類など、数十品目を調べたところ、
自然免疫を高めると言われているアガリクスやメカブフコイダンよりも高い活性を持つものが見つかりました。
それが、ブロッコリーから抽出した成分「ブロリコ」だったのです。

 

ブロリコを菌やウィルスに感染したカイコに投与したところ、薬剤と同じように延命効果が見られたのです。
東京大学の調べで、ブロリコは世界に今までなかった全く新しい成分ということが、わかっています。ただ、ブロッコリー自体からは高い活性がみられませんでした。
ブロッコリーを食べただけでは、ブロリコは体に吸収されず、排出されてしまっていると考えられます。ブロリコは特殊な方法で抽出しており、その方法についても国際特許を取得しています。

 

自分の体を守れるのは、自分だけです。
例えば、以下の様な事があれば免疫力UPの為にブロリコを検討してみても良いかもしれません。

 

  • 体を動かした(運動をした)後、体調を崩した
  • 季節の変わり目に体調を崩す
  • しっかり寝ても疲れが取れない
  • 口内炎やヘルペスができる
  • よく頭痛がある
  • 体がだるい時が多い
  • 風邪をひくと長引く
  • 花粉症やアトピーなどの悪化
  • 体の冷えを感じる
  • 疲れやすくなり、疲れが取れにくい

 

免疫力とは24時間あなたの体を守る大事な役割を担っています。
そんな大事な力ですが、年々衰えていくことが分かっています。

 

健康を維持するために免疫力をUPしたいですね。
最後にブロリコを体感した人達の感想を載せておきますので、もし良ければ読んでみてください。

 

 

⇒免疫力UPにはブロリコ

 

ブロリコ利用者の声 風邪編

  • 男性71歳

薬局で風用の抗生物質を頻繁にもらい常時服用していた。
ブロリコを摂取しだしてすぐに効果が現れ、そういったことが無くなった。
ブロリコの免疫力UPを確信。

  • 女性46歳

毎日少量ずつ摂取するより風邪をひきそうだと感じた時に多めに摂取した方が効果的な気がする。
のどの痛みを感じた時に摂取することで翌朝の状態に違いがある

  • 男性75歳

風邪ばかり引いていた体質が変わった。
医師にも相談していたが納得する答えを見つけられず、たまたまwebで見つけたブロリコで変わった。

  • 女性67歳

風邪をひきにくくなった。
アレルギー体質(花粉・喘息)も軽くなったと思う。継続することで、体質改善している気がする。

  • 女性44歳

子供の風邪やインフルエンザなどで共倒れに。
これではいけないと思い色々調べてブロリコに出会う。免疫がグンと上がったのが体で実感しています。

  • 女性40歳

8歳の子供が高熱を出した際にブロリコを摂取させたところ、思わぬ効果が。
普段は2日は寝込むのに、一晩で食欲が回復するまでに。
自分自身も摂取していますが、こういった使い方も効果的ではと思いました。

  • 女性39歳

5歳の子供が喘息で体が弱く、風邪ばかり引いています。
ブロリコを知り母子ともに摂取していますが、明らかに風邪をひきにくくなった気がします。
継続してしていきたいと思っています。

  • 女性62歳

幼い頃よりのどに変調が出る風邪をひきます。
その後は1か月ほど体調不良に。ブロリコを飲みだしてから、5日間寝込むだけの様な具合に。
私にとっては本当に心強い味方です。

  • 女性45歳

寝不足続きで体調が崩れそうだなって時に摂取。
30代後半から冬場の肌の乾燥からくる、かゆみに悩まされてましたがブロリコを飲むようになり症状に緩和が。
毎日の摂取ではなく、う〜ん、体調が怪しいなって時に飲むようにしています。
3歳の娘には鼻水が出ると摂取させますが、ケロッと治ってしまいます。

  • 女性47歳

ブロリコを摂取すると代謝がよっく体も引き締まった感じに。
風邪もひかなくなり不思議だな〜と感じていました。
1か月ほどあえてブロリコをやめてみました。
その後風邪をひいたり、体の痛みが伴ったり、慌てて摂取を再開しました。

 

 

 

 

免疫力強化に効果的な酵素

酵素は免疫系の再生にニつの役割を果たしているようです。
まず、組織の損傷へと繋がった発病の原因を打ち消す作用、もう一つは、免疫系そのものを強化する作用です。

 

スポンサードリンク

消化酵素は直接原因を攻撃し、炎症を抑え、粘膜を傷つける毒素を中和します。
部分消化された食物の残滓物の大部分はアレルギーを引き起こすタンパク質なのですが、そのような残渣物が腸壁から漏れ出て血中に入り込むのを防ぐようになります。
そこで、強力なたんぱく質分解酵素であるプロテアーゼが助けてくれるのです。
空腹時に摂取することで、たんぱく質を小腸から大腸に運び、そこで正常な消化作用により分解されます。
この酵素は消化器官で必要とされなくなると、今度は血中へと移動し、そこで毒素や不必要なたんぱく質を排除する作業を続けます。

 

植物性酵素サプリメントは、攻撃細胞の数を増やし強さを上げることで免疫系を強化します。
この細胞には、マクロファージ、単球(顆粒が少ない白血球)、T細胞(リンパ球の一種で、異物を排除し、細胞の免疫を調整し、抗体の生産を管理する)があります。
酵素が免疫系の細胞と反応すると、細胞膜の流動性や透過性を高めます。
そのため、栄養が細胞に入りやすくなり、毒素がとても排出されやすくなるのです。
すると、全身の細胞の代謝が改善され、総じてエネルギーがみなぎります。
こうすることで栄養不良、消化不良、細胞の飢餓状態という悪循環を断ち切ることができ、免疫力は大幅に強化されるのです。

 

白血球の増殖を目的に酵素を摂取

白血球の数が低くなり過ぎ、投与した薬剤の効果があまりにもなかった場合、どうしますか?
ある人のWBC(白血球数)は580という値を示した。正常な値は8000ぐらいなので、その数値はあまりにも低く、免疫不全に陥っているのではないかと、疑っていました。
もちろん、酵素を与えればWBCが上昇することは、目に見えるほどわかる事実なのですが。
その事実を知らない人が多い事もまた事実なのです。

 

酵素は免疫力を上げる働きがあるとの説明をしました。
では逆に、免疫力を低下させる要因はなんなのでしょうか?

 

免疫力を下げる4つの要素

免疫力の低下は、自己防衛力の低下を意味します。
昔は風邪なんてひいたことがなかったのに、最近は頻繁に風邪をひくようになった。
これも免疫力の低下が原因です。
では免疫力が弱まる原因っていったい何なんでしょうか?

 

加齢は避けられない誰しもが通る道です。食生活を改善しよう!!

 

免疫力UPは、危険な病原菌の侵入を防ぎ、自分の体を守ると言う事につながります。
一方、免疫力の低下は防衛能力の低下を意味し、病原菌を簡単に許しあっという間に病原菌を増殖させます。
免疫力低下の原因は、主に「加齢、ストレス、食生活の乱れ、環境物質」の4つがあります。
加齢は誰しも避けられないことですが、食生活の改善で免疫力を上げていきたいものです。

 

加齢

生まれたばかりの赤ちゃんは、免疫システムが全くない状態です。成長するに従い免疫力は徐々に高まっていきます。
そして20〜30才の頃に最大に免疫力は高くなる傾向にあります。それ以降は年をとるにしたがって、免疫力は低下していくのです。

 

ストレス

人間の体は免疫系・神経系・内分泌系の3つのポイントが正常だと元気で健康的な生活を送れます。
しかし、ストレスなどの要因で心などがダメージを受けると、内分泌から人体に悪影響なホルモンが分泌され免疫力が低下するといわれている。

 

食生活の乱れ

無理なダイエットをしている人や、偏った食事ばかりをしていると、細胞を活性化させるビタミン、たんぱく質などが不足して免疫力もあわせて低下する。

 

環境物質

かつて大きな問題となったダイオキシンや、東日本を中心に深刻な問題となっている放射能物質などがこれに当たります。
これらを極度に体内にとり入れたりすると、細胞レべルでダメージを受け免疫力が低下する。

 

あなたの免疫力をチェック
風邪をひきやすい
のどを痛めやすい
口内炎や結膜炎を起こしやすい
寝不足の日が多く、疲れやすい
ストレスを感じやすい
運動をしない
生野菜が苦手
ヨーグルトなどの乳製品は食べない
フルーツを食べない
魚より肉料理が多い

 

上記いくつか当てはまっていませんか?

 

まずできることは、自分自身の生活習慣の改善です。
適度な運動、快適な睡眠、そして、食生活の改善。

 

職場に行くときに歩いてみる。
エレベータなどを使わずに階段を使う。

 

毎週水曜日は早く寝る。

 

ちょっと食事の際に野菜や果物を摂りいれてみる。

 

少し意識するだけでいいんです。
始めてみてください!!

 

乳酸菌は免疫力を上げる重要な役割を果たす

ヨーグルトを食べると病気に負けない強い体になれるのか?
最近話題の多い話題となっている乳酸菌と免疫カアップの関係をクローズアップしてみましょう。

 

病気から体を守る腸は免疫力の最前線です。

 

食べ物は、食道⇒胃⇒腸⇒体内の順番にまわっていき吸収されます。
同時に、病原菌も同じ経路で体内に侵入してきます。

 

まずは強酸性の胃液によって病原菌はダメージを受けますが、それに耐え抜いた抜いた菌は腸へと進みます。
腸は、血管やリンパ管を通じ全身につながっているので、免疫力がもっとも必要な場所であり、人間の腸には約半分以上もの免疫細胞が集中してると言われています。
難しい専門用語でいうと、「腸管免疫システム」と呼ばれていますが、小腸と大腸の二重構造になっていて、小腸は免疫システムの最前線。
侵入してきた病原菌を免疫細胞が攻撃して全身へと必要分の抗体を送り出しています。

 

また大腸は異なる仕組みで人体に危害をおよぼす悪玉菌の増殖をおさえているのです。

 

現在、この腸管免疫システムを刺激し活性化するものとして、乳酸菌がいいということがわかってきました。
「ヨーグルトを食べると免疫力が上がる」といわれているのはこのためです。

 

体の中のさまさまな免疫システム

口や胃

病原菌の侵入経路。体中の傷口から侵入してくることもあり得ますが、口からの侵入が一番多いとされています。
胃では、食べ物が通過するときに強酸性の胃液によって病原菌を攻撃します。

 

小腸

胃液の攻撃によって死滅しなかった病原菌は小腸へと侵入。
小腸は栄養分を吸収するところであり、人の免疫システムの50%がここに集中している。

 

大腸

大腸には100兆と言われるほどの細菌が生存。
その菌達が悪玉菌を攻撃している。

 

 

と、幾つか記載しましたが、乳酸菌を手軽に摂るにはヨーグルト

 

一時期流行りましたよね。
R-1ヨーグルトの品切れ事件(笑)

 

あれも、本当に理にかなっているんですね。
たかが、ヨーグルト。
されどヨーグルトです。

 

 

コンビニなどでも購入できるので食後のデザートにたまには、購入してみてください。

 

継続することが大事ですよ!!

目的別に選ぶオススメ酵素

スポンサードリンク

スポンサードリンク