きゅうりについて

きゅうり

きゅうりを食べると、カリウム効果でむくみ改善!!

きゅうりの成分の95%は水分でできています。
ほぼ水と思ってもらって大丈夫ですね。

 

また、ビタミンCやカリウムが含まれています。
カリウムには利尿作用やむくみ・だるさを解消する効果もあります。

 

ダイエットだけでなく、女性ならきゅうりの良さを見つめ直す機会になるかもしれませんね!!

 

スポンサードリンク

触感も味も新鮮さが命のきゅうり

上記でも書いたように、成分のほとんどが水分となっています。
ですので、きゅうりは新鮮さが命です。

 

時間が経って水分が蒸発すると一気に味食感も衰えます。

 

もぎたての瑞々しいものが一番。
きゅうりのイボイボが痛そうなものほど新鮮。ヘタの切り口が黒ずんでいないものが良いでしょう。

 

100グラムあたりは約14キロカロリー。
すりおろしたきゅうりを化粧水代わりにする美容法などもアリ。

 

きゅうりにはビタミンCを壊す酵素が含まれていることも事実なのですが、さんがこの働きを弱めてくれます。
お酢などと一緒に調理するのも有名な一品料理ですよね。

目的別に選ぶオススメ酵素

スポンサードリンク

スポンサードリンク

きゅうり(胡瓜)について関連ページ

トマト、(蕃茄、小金瓜)について
トマトは蕃茄(ばんか)、小金瓜(こがねうり)などと呼ばれることもあります。トマトに含まれるリコピンは強い抗酸化作用がありがん予防にも良いとされています。
なす(茄子、茄)について
茄(なすび)の成分は約90%以上が水分となっています。ビタミンやミネラルなどはあまり含まれていません。ただ、茄子にはこんな効果もあるんです。
ピーマンについて
熱に強く、ビタミンCがたっぷりのピーマン。実は唐辛子の仲間って知ってましたか?まだまだ知らない事がたくさんありそうですね!!
唐辛子科の野菜
唐辛子はコロンブスが中南米から持ち帰ったことで世界中に広まりました。どんな栄養があるのでしょうか?